So-net無料ブログ作成
検索選択

Razer Naga [PCネタ]

マウスを買いました。
Razer社のNagaっつーマウスです。
1週間ほど使ってみての感想は、とてもイイ(゜∀゜)!!
なのでレビューをば。

naga02.jpg

■特徴
変態チックな外観に物欲心を刺激されました。
5ボタン+側面12ボタン、というボタンの多さが何よりの売りなのです。
そこに価値を見いだせないなら他のマウスを買った方がいいです。
また、5600dpiのレーザーセンサー搭載となっており、マウスの基本性能も高レベルです。

■持ちやすさ
ロジクールのMX518よりも一回り小さく、掌の付け根を机に付けて操作するタイプのぼくには丁度いいサイズです。
人差し指、中指については左右ボタンの奥が反り返っており、マウス右側面には薬指をひっかける突起があり、薬指と小指が重なることなく自然なフィット感です。
問題となりそうなのは、やはり見た目通り親指の位置です。
テンキー状のサイドボタンが並んでいるため、ザラザラとした感触があります。
しかし、サイドボタンはクリック感がそこそこあります。
ぼくはカーソル移動の際には手首を軸に親指と小指でマウスを軽く支えて動かしますが、特に誤操作を気にすることなく操作できているくらいの強さです。
まぁ、親指と小指で力強く握って操作する人には向かないでしょう。
個人的には、サイドボタンのクリック感はとても絶妙に設定されてるなー、と感心。
(軽く動かせるというのはマウスパッドの問題もあるカモ)

■戻るボタン、進むボタン(第4,5ボタン)
大抵の5ボタンマウスでは親指で操作する位置に付いています。
が、このマウスでは親指の位置にはたくさんのキーが並んでいるため、これらのキーは人差し指のポジションの左側にあります。
とても操作しづらいです。
マウスを持ったまま人差し指を左にズラすと、下に落ちていく傾斜がついてます。
戻るボタンに届くのは人差し指の右側面になります。
クリックするのに指に妙な力が入るため、個人的には死んだキーとして扱ってます。
せめて、このボタンの位置だけは水平になってればよかったかも。
このマウスの唯一の弱点とも言えますが、これは後述の特性によりチャラにできます。

■サイドボタン(親指ボタン)について
裏面のスイッチにより、数字キーとテンキーの2つの動作を切り替えることができます。
が、これはこのマウスの一端に過ぎません。
WEBサイトからドライバをDLしてインストールすれば、このサイドボタンをカスタマイズすることが可能です。
WEBブラウジングでは前述の「戻るボタン」をよく使うため、今ぼくは「サイドの5ボタン」に「戻る」を割り当てています。(6ボタンには進むを割り当て)
これで、「前述の第4,5ボタンが使えない問題」もあっさり解消されました。
また、任意のキーだけでなく、キーボードキーの組み合わせも可能です。
設定の手順としては、キー押下のマクロを組み合わせ、そのマクロを各ボタンに割り当てる形になります。
現在、頻繁に使う「Ctrl+N」「Ctrl+S」「Ctrl+W」といったショートカットをマクロ登録し、各マクロを「サイドの1~3ボタン」に割り当てています。
これはとても便利です。

■マクロの問題
いろいろとマクロをいじってみてわかったことがあります。
Alt+Tabのようなウィンドウが操作されるショートカットはマクロに登録することができません。
登録しようとすると、設定ウィンドウのターゲットが外れてしまうためです。
そのうちドライバがバージョンアップされると期待して待ってm

待てーんヽ( `Д´)ノ
こういうのはまぁ、自分でいじくってみればどうにかなるわけですよ。たぶん。
そんなわけで、Naga用のAlt+Tabマクロを作ってみました。


---- Razer Naga用Alt+Tab macro作成手順 ----

◆1. ダミーのマクロを作成し、Exportしてファイルに保存する。(Make dummy macro file)

なお、Delayを0で登録するとイベントが反応しませんでした。
(Alt+TabについてはおそらくWindowsの仕様によりDelayが0だとフォーカスがなくなるため、2度押さないとイベントが反応しなくなる現象)
なので、0.050秒で設定してます。
(Ctrl+CなんかはDelayいらない)
登録したマクロの内容は以下な感じです。
単にAltを押して離してからTabを押して離してるだけです。
1. push Alt key
2. release Alt key
3. push Tab key
4. release Tab key

alt+tab.png

Export後は、マクロをDeleteしてApplyしときます。


◆2. 保存したマクロファイルをエディタで編集する。(Edit this macro file)

テキストエディタで開くと以下の感じになってます。

edit1.png

このうち、マークしてある箇所を変更します。

38,00,00 = Alt On
38,00,01 = Alt Off
0f,00,00 = Tab On
0f,00,01 = Tab Off

こういう内容になっているので、この順番を入れ替えるだけです。

Alt On → Tab On → Tab Off → Alt Off

編集した結果は以下な感じになります。(※注意 Dataフィールドのみです)



◆3. 保存したマクロファイルをImportする。(Import macro file)

こんな感じでキー操作の順番が入れ替わっていればOKです。

alt+tab2.png

やったーヽ(´ー`)ノ
あとは好きなボタンに設定するだけです。
自分はサイドの4に設定しました。
これで、2つのウィンドウをマウスのボタンだけで簡単に切り替えられます。

※注意
メーカー推奨の設定方法ではないので、やるなら自己責任で( '-')b
あと、登録したマクロやプロファイルはちゃんと保存しておきましょう。
OS再インストールしたときとかの復帰が面倒になりそうです。



■今日の教訓
このマウス、とても快適(゜∀゜)


Razer Naga 【正規保証品】 RZ01-00280100-R3A1

Razer Naga 【正規保証品】 RZ01-00280100-R3A1

  • 出版社/メーカー: RAZER
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 6

通りすがり

通りすがりの者です
NagaでWindowsキーって割り当てられますか?
こちらを参考に試してみたのですがうまく動いてくれません
by 通りすがり (2010-02-10 15:43) 

けんびん

http://kenbin.blog.so-net.ne.jp/2010-02-11-1

こちらにWinキーとの組み合わせのマクロを追記してみました。
参考にしてみてください。
なお、Windowsメニューを出したいだけならCtrl+ESCもあるのでこれならアプリでも登録できると思います。

by けんびん (2010-02-11 17:03) 

 Air Jordan Shoes

あなたは一つの理想首席は他に何かの資質が持つべきだろうか。
by Air Jordan Shoes (2011-01-04 20:32) 

Buckeye

このマウス、左右ボタンを同時押ししたらどうなるのでしょうか。たとえば、左ボタンに通常の左クリック、右ボタンにダブルクリックを割当て、左右ボタンを同時押ししたらトリプルクリックという使い方はできるでしょうか。

昔のLogicoolマウスはできて重宝していたのですが、今のG700では先に押し込まれたボタンしか認識してくれません。このマウスが左右ボタンの同時押しで使えるなら乗り換えようと思うのですが……そのあたり、教えていただけるととても助かります。
by Buckeye (2011-02-06 12:26) 

けんびん

>Buckeye

クリック ・・・カーソル位置変更
ダブルクリック ・・・単語選択
トリプルクリック ・・・行選択

というWindowsの通常機能でしかトリプルクリックの動作を判別できなかったんで、とりあえずこれがちゃんと動作するかだけ、右ボタンをダブルクリックに割り当てて試してみました。
結果、秀丸エディタ、IE8、Opera11では期待通りの行選択が動作しました。
同時押しのタイミングが多少ズレでも大丈夫でした。
左右どちらを気持ち早めに押してもぼくの操作では問題なかったです。

ただ、トリプルクリックとしての割り当てではないので、短い時間で連続して操作するとクアドラプルクリック(?)とかクインティプルクリック(?)と認識してしまい期待してない動作をするかもしれません。
(※秀丸だとクリック4回で行頭の単語選択になります)

なので、トリプルクリックのマクロを作り、サイドボタンや第3ボタン(スクロールのやつを押し込むボタン)に割り当てるのが理想的なのかもしれません。
by けんびん (2011-02-07 18:32) 

Buckeye

確認、ありがとうございます!

それだけ確認していただければ十分です。買ってみます。

私は毎日、1日中、秀丸で文章をいじっているのが仕事なのですが、シングルクリック、シングルクリックからのドラッグ、ダブルクリック、ダブルクリックからのドラッグ、トリプルクリックというのをものすごくよく使うのです(トリプルクリックには自作の秀丸マクロを割りあてています)。

トリプルクリックとしての割当てでないとタイミングによって誤認識されるのは承知しています。当然ながら、今のマウスもそうですから。でも、私の使い方なら、誤認識される危険はないので大丈夫です。何をしたいのか、したいこととの関係からして、今の使い方がわかりやすいですし、もう10年以上もずっとこのパターンで使ってきたので、このまま行こうと思います。サイドボタンも、使いやすいところにはいろいろと割りあてたい機能がありますし(今のマウスも8ボタンとボタン多めです。っていうか、買った当時は最多でした)。

それにしても……ホントによかった。これで新しいマウスに換えられそうですし、Windwos7の導入も進められそうです。

実は今のマウス、もう10年近くも使ってきていて、疲労で折れたプラスチック部分をアルミで補修してあったりします。いいかげん、限界でしょう。また、ドライバーはXPまでしか対応してません。2006年くらいからあとに出たドライバーにすると、自分が使いたいパターンで使えなくなるので、新しいドライバーに換えられないのです。そのため、Win7では今のマウスが使えません。

この記事のマウス、昨年末に無線・有線両用版が出たようで、ホントはそちらが欲しいんですが(上面についてるボタンの位置が、そちらのほうが使いやすそうなので)、とりあえず、けんびんさんがお持ちのものを買って使ってみます。Win7マシンを導入中なので、いつ発売されるかわからない無線・有線両用版を待つのもきつそうです。

よかった~。これがダメなら、Logicoolのマウスをハード的に改造するしかないかと回路やパーツの検討を始めていたほどでして……

ホントにありがとうございました。

by Buckeye (2011-02-08 05:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3